iPhoneの音声入力を使って、文章作成を効率化しよう【超便利】

ガジェット

こんにちは、やまとです。

 

先日に下記のツイートをしました。

 

【音声入力が優秀過ぎる】

重要性の低い文章を書くときに音声入力を使っていましたが、控えめに言って優秀過ぎます。
書くよりも話す方がスムーズにアウトプット出来て良いです。
ただ、僕の場合は論理性に難ありなので、改善の必要性がありますが…😅
とりあえず、音声入力は超便利ですよ。

 

ツイートの通りですが、iPhoneの音声入力機能が優秀過ぎたので、このツイートを深掘りしていきます。

スポンサーリンク

iPhoneの音声入力機能が超便利なので、文章作成は音声入力でしよう

ここ最近、文章を書くときにiPhoneの音声入力機能を使い始めました。

 

書く内容にもよりますが、紙とペンを使って書くよりもアウトプットがスムーズになり、スラスラと文章を書くことができるようになったことを体感しています。

 

なので、「文章作成を効率化することができた!」と断言することができます。

 

また、使い始めて間もないのに効果を感じていることから、音声入力に慣れたら大きな武器を手にしたことになると感じています。

スポンサーリンク

iPhoneの音声入力機能を使うべき3つの理由

iPhoneの音声入力機能を使うことで得られるメリットを理由と合わせて3つ解説していきます。

 

以下の3点です。

 

・文章はペンで書くよりも、話す方がハードルが低い
・どんな姿勢でも、どこでも文章を書くことができる
・会話しているように文章を書けるので、文章に立体感が出る

 

では、これら3点について解説していきます。

文章はペンで書くよりも、話す方がハードルが低い

文章はペンで書くよりも、話して書く方が楽だと、音声入力機能を使い始めてわかりました。

 

あなたは、机に座ってペンを持つ、あるいはPCの前に座って文章を書こうとして、「全然書く内容が思いつかない!!!」となったことはありませんか?

 

僕は頻繁に、この状態になっていました⤵︎

 

それは、一つ一つの動作のハードルが高いからなんですよね。

 

ペンで文章を書く場合
ノートを開く→ペンを持つ→どこに、どんな形式で書くかを考える→何を書くか考える→思いついたら書き始める(人によっては、文字の綺麗さに気を使う)
iPhoneの音声入力で文章を書く場合
スマホでメモやPagesを立ち上げる→何を書くかを考える→音声入力ボタンを押して、文章を書き始める

 

「ペンで文章を書く場合」と「iPhoneの音声入力で文章を書く場合」を比べると、音声入力を使用する場合は気を配るポイントが少なくて済むんですよね。

 

これが文章作成において、話す方がハードルが低いと考えた理由になります。

どんな姿勢でも、どこでも文章を書くことができる

どんな姿勢でも、どこでも文章を書くことができるのは、かなり大きなメリットです。

 

ちなみに僕は、これが一番文章作成の効率化を高めてくれるポイントだと考えています。

 

まず、ペンでノートに文章を書くときは机に張り付くのが普通ですが、iPhone一つで音声入力を使いつつ文章を書く際には、極端な話ベッドで寝ていても良い訳です。

 

「どこでも」という点では、電車内、歩きながら、暗い空間、さらにはトイレでも書くことができますね←(最後のは少々厳しい…笑)

 

このように姿勢や場所が固定化されないことは思考の固定化を防ぐことにも繋がりますし、クリエイティブな文章を書く必要がある際には非常に効果的ですね。

 

「効率的に」かつ「クリエイティブに」文章が書けるようになることが、「どんな姿勢でも、どこでも文章を書くことができる」をメリットとして取り上げた理由になります。

会話しているように文章を書けるので、文章に立体感が出る

iPhoneの音声入力を使って文章を書いてみると、会話している感覚が生まれるので、思いのほか言葉が出てくることが体感できると思います。

 

また、話がつまったときに無理にでも言葉を続けることで、ペンで文章を書くときと比べて豊富な言葉やアイデアが出てきます。

 

それによって、ただ丁寧に書かれた平たい文章ではなく、「臨場感あふれる感情が伝わりやすい文章」が書けるようになります。

 

文章を書く目的は、読み手の心を動かして、行動を起こさせることに他なりません。

 

なので、音声入力機能を使って書き手である「あなた」の感情を立体的に書くことができる点がメリットとして取り上げた理由になります。

スポンサーリンク

【余談】iPhoneの音声入力のちょっとした疑問に答えます。

iPhoneの音声入力機能を使ったことがない方は、「音声入力って上手く文章が書けるの?」という疑問を持たれるかと思います。

 

そこで、音声入力における文章作成の疑問を少し解決します。

 

・改行の仕方→「改行」と言うことで改行される。
・句読点の入力方法→「、」は「点」と言う、「。」は「丸」と言うことで入力される。

 

ここでは、文章を書くときに最低限必要な要素のみを紹介しました。

 

ぜひ、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

早く文章を書こうと思うと、文章の論理性が落ちることも

これは僕だけの問題かもしれまんが、文章を早く書こうと思うあまり、文章の論理性が落ちることがあります。

 

また、文章を読む時間が少なくなることによって論理性が落ちているかもしれません。

 

ただ、これに関しては音声入力による文章作成に慣れてくると改善されると考えています。

 

なぜなら、音声入力を繰り返すと、次第に会話の型に沿って話をすることに慣れていくからです。

 

文章を書く際にも、PREP方など文章構成の型があるので、会話においても型を学んで身につけることで改善できると考えています。

 

なので、まずは型を学んで音声入力に慣れることが必要になります。

 

また、音声入力に慣れるまでは、入力した文章を数回見直し、修正することで論理性を保つことを考えても良いですね。

スポンサーリンク

音声入力を活用して、効率的にクリエイティブな文章を書こう

ここまで、音声入力を使用する3つのメリットと1つのデメリットを解説しました。

 

音声入力にはデメリットもありますが、ここで紹介したデメリットは慣れと少しの確認で解決することができます。

 

このように考えると、デメリットよりもメリットの方が圧倒的に大きいですね。

 

なので、超便利なiPhoneの音声入力を活用して、効率的にクリエイティブな文章を書いていきましょう。

 

 

ということで、以上になります。