モメンタム投資を解説!【初心者にはトレンドフォローが良い理由】

モメンタム投資を解説!【初心者にはトレンドフォローが良い理由】 お金

株式投資の世界には、モメンタム投資とかトレンドフォローとか小難しい用語があるみたいだけど、どういう意味なんだろう…。誰か言葉の意味を説明してくれないかな?
あと、モメンタム投資のオススメ本があれば教えて欲しいな。

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事を読むことで、モメンタム投資とは、どのような投資手法なのかを理解することができます。

また、数ある投資本の中でも必読書と呼ばれる、モメンタム投資のオススメ本を読んだ上で投資が始められます。

 

ちなみに、この記事を書いている僕は過去にモメンタム投資の本を複数読み、成長株を対象にしたモメンタム投資を行ってきました。

なので、これからモメンタム投資を始めたい方に解説できる程度の知識が蓄積されています。

スポンサーリンク

モメンタム投資を解説!【初心者にはトレンドフォローが良い理由】

モメンタム投資を解説!【初心者にはトレンドフォローが良い理由】

右も左もわからない株式投資の初心者に、「トレンドフォロー」の考え方を提供します。

訳も分からずに知名度のある大企業に投資していた「戦略無き過去の自分」に教えてあげたいです、、、。

モメンタム投資とは?

モメンタム投資とは、現在の株価トレンド(株価の傾向)が一定期間継続することを予測して投資する手法のことです。

 

株価トレンドの発生については、小さな株価トレンドに投資家が追随する形で参入するため、株価トレンドはある程度の期間継続することになります。(短期間では、投資家の思惑が関係しています)

 

株価トレンドに対する投資家の具体的なアクションは、株価が上昇しているときは「株を買うこと」、株価が下落しているときは「株を売ること」で利益を出すことを目的とします。

 

なお、この売買手法のことを「トレンドフォロー」と言い、モメンタム投資を理解する上では外すことのできないワードになります。

 

まとめると、モメンタム投資とは株価の勢いを追随する手法であり、トレンドフォローを行う投資手法ということができます。

モメンタム投資の魅力

モメンタム投資の魅力は、「資金効率」の良さにあります。

株価が一定のトレンドを形成している間のみ投資を行い、トレンドが崩れた時点で他の銘柄に投資対象を切り替えます。

 

以下は、3990 UUUMの過去の日足チャートです。

3990 UUUM 株価チャート

赤色の丸で示したポイントでは株価がトレンドライン(75日線)に接近しており、上昇トレンドにおいては「買い」のタイミングとなります。

このように株価トレンドに沿った投資をしていれば、その後の上昇を捉えることができたという訳です。

 

株式市場には、UUUMのように上昇トレンドを形成している銘柄が複数存在しています。

なので、先に示したように株価トレンドが崩れたときに、他の銘柄に投資対象を切り替えることで資金効率の良く投資を行うことができます。

 

これがモメンタム投資の最大の魅力ですね。

モメンタム投資の注意点

ここまでモメンタム投資について解説し、手法の魅力を解説してきたので、「モメンタム投資をやってみたい!」と感じた方もおられるはずです。

ただ、モメンタム投資にも注意点があるので、投資を実践する前にリスクを把握しておいてください。

 

モメンタム投資のリスクとは、「損切りが少し遅れると、大幅な損失が出る」ことです。

 

先に示したUUUMの株価チャートに、青色の丸で示したポイントが2つあると思います。

これらは「買い」のタイミングと同じく、株価がトレンドライン(75日線)に接近していますが、「下降トレンドの一部ではないか?」と捉えることができます。

実際に2つ目の青丸以降は株価の下落が激しくなっていて、トレンドが崩れたときに「損切りが少し遅れると、大幅な損失が出る」ことが伝わると思います。

 

モメンタムが「勢い」という意味であるように、上昇の勢いも良ければ、下落の勢いも良いのがモメンタム投資です。

なので、「買い」も「売り」も素早く対応できることが重要になります。(騙しのトレンドブレイクもありますが、、、。)

スポンサーリンク

モメンタム投資を学ぶためのオススメ本3冊を紹介

モメンタム投資を学ぶ為のオススメ本3冊を紹介

モメンタム投資の概要、魅力、注意点をざっくりと理解した上で、「モメンタム投資をやってみたい!」と思った方に、オススメ本を3冊紹介します。

ミネルヴィニの成長株投資法

こちらの本は、僕が読んできた投資本の中で最も影響を受けた本です。

 

トレーディング・株式投資の考え方やトレンドフォロー戦略における買いのタイミング、ファンダメンタルズの読み方、リスク管理の方法など盛り沢山の内容です。

また、この本は過去に成功したモメンタム投資家のエッセンスをまとめ、ミネルヴィニ独自の経験を盛り込んだ紛れもない神本ですね。

 

なので、モメンタム投資をやってみたい方、既に実践されている方には、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

私は株で200万ドル儲けた

ニコラス・ダーバスが200万ドルの資産を築いた投資手法、「ボックス理論」について書かれているノンフィクション本です。

 

この本には、ダーバスがボックス理論にたどり着くまでの数々の失敗や経験が物語形式で書かれています。

なので、投資初心者に読みやすい内容であり、失敗経験が少ない時期にこそ読んで欲しい本です。

 

この本が、あなたの損失を減らし、利益を増大してくれることになると思いますよ。

世紀の相場師ジェシー・リバモア

ジェシー・リバモアは、「伝説の投機家」、「ウォール街のグレート・ベア」などと呼ばれた、1900年代初めの世界大恐慌の頃に活躍した投機家です。

 

こちらの本では、リバモアが発見した「ピボタルポイント」というトレードタイミングの確認方法と、「ピラミッティング」というトレードにおける資金管理の方法が解説されています。

なお、これらの手法は約100年前に発見されたものでありながら、現在でも活用されている手法なので優位性に関しては申し分ないですね。

また、こちらの本も物語形式で書かれており、リバモアの青年時代にはじまり、4度の破産、そして自ら命を絶ってしまうまで、、、。

 

約100年前のトレード手法でありながら、現在でも通用する「伝説の投機家のトレード手法」をぜひ本書で学んでみてください。

スポンサーリンク

資金効率の高いモメンタム投資を実践してみよう

資金効率の高いモメンタム投資を実践してみよう

記事も長くなってきたので、このあたりで終わりにしようと思います。

 

今回は、モメンタム投資の概要、魅力、注意点の解説を行い、そしてモメンタム投資を学ぶためのオススメ本の紹介をしてきました。

本記事を読んで「モメンタム投資をやってみたい!」と思った方は、チャレンジしてみると良いですよ。

 

証券口座の開設がまだの人は、僕が使っているSBI証券か、取引ツールが充実している大手の楽天証券で口座開設がオススメですよ。

口座開設は無料なので、サクッと開設して少し触ってみると良いかもしれませんね。

 

最後は、日本の著名投資家cisさんの言葉で締めようと思います。

上がり続けるものは上がり下がり続けるものは下がる
出典:一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 cis

>>一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

 

>>成長株投資とモメンタム投資を学ぶ為に読んだ5冊の本を紹介します!

 

※免責事項
本記事は、証券取引における利益を保証するものではなく、あくまで情報提供を目的としています。
よって、掲載された内容によって生じた損害等に関しましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
はてなブックマークもお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
お金 株式投資
スポンサーリンク
やまとブログ