PayPayのキャンペーン期間に受け取ったポイントの還元率調査

お金

こんにちは、やまとです。

 

貧乏リーマンなので、PayPayのポイント還元率の高さに飛びついて頻繁に利用していました!笑

 

PayPayによる決済を50回以上行ったので、結局のところポイント還元率はどの程度だったのかデータ分析してみました。

 

ここでは、決済サービスPayPayの基本的な情報とキャンペーン内容、そして還元率のデータ分析結果についてまとめていきます。

スポンサーリンク

PayPayとは

PayPayは、PayPay株式会社によって提供されている決済サービスです。

 

PayPayが使えるお店は日々増えていて、コンビニではファミリーマートやローソン、飲食関係では牛角や松屋、その他居酒屋やショッピングモールなど非常に多くの店舗で利用可能となっています。

 

こちらのリンクから、すべての利用可能店舗情報に飛べます。

 

またここ最近では、割り勘機能や個人間での送金、Tカードの登録など新機能が次々と始まってきています。

スポンサーリンク

PayPayはポイント還元率が高い決済サービス

テレビCMでも紹介されていますが、PayPayはポイント還元率が高い決済サービスです。

 

キャンペーン期間中は、常に20%のキャッシュバックが確定しており、さらに40回に1回の確率で全額キャッシュバックが得られます。

 

また、キャンペーン期間外であっても、常に3%のキャッシュバックを受けられます。

 

さらに・・・

PayPayの出資者はソフトバンクとヤフーとなっていて、ソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーやYahoo!プレミアムの会員はキャンペーン期間中のキャッシュバック率が、他のユーザーと比べて高くなる特典があります。

 

ちなみに僕は、ソフトバンクやワイモバイルのユーザーでもYahoo!プレミアム会員でもないので、通常のキャッシュバック率でPayPayを使用していました。

スポンサーリンク

還元率調査の結果

ここでは僕のPayPayによる決済データを基に、還元率の分析結果を解説していきます。

 

PayPayのキャンペーンが行われた期間を書いておくと、1回目が2018年2月14日〜2019年3月31日(予算消化により12月31日に終了)、2回目が2019年2月12日〜2019年5月31日です。

 

なかなか高頻度でキャンペーンを開催していることが分かりますね。

 

今回は、この2回分のキャンペーンでの決済データを活用した分析結果となります。

PayPay 1回目のキャンペーン決済データと分析

まずは、1回目のキャンペーンの決済データとデータ分析の結果をまとめます。

1回目のキャンペーン決済データ
年月日 支払金額 受取金額 還元率
2019年12月5日 308 61 20%
2019年12月7日 696 139 20%
2019年12月8日 446 89 20%
2019年12月10日 406 81 20%
2019年12月12日 536 107 20%
2019年12月13日 822 822 100%

 

決済回数 支払金額 受取金額 還元率 CB回数 CB率
合計 6 3,214 1,299 40% 1 17%

1回目のキャンペーンは期間が短かったこともあり、決済回数は6回となっています。

 

最終的な支払金額に対する還元率は40%となり、CB率は17%という結果になりました(※CB=全額キャッシュバック)。

 

決済データが少ないものの、この結果から還元率は20%を大きく上回る余地があったと判断することができます。

 

ただ、それに関して重要になるのがCB率と、どの決済で全額キャッシュバックを引けたかです。

 

これら2つの要素が最終的な還元率を決めることになります。

PayPay 2回目のキャンペーン決済データと分析

次に、2回目のキャンペーンの決済データとデータ分析の結果をまとめます。

2回目のキャンペーン決済データ
年月日 支払金額 受取金額 還元率
2019年2月17日 594 594 100%
2019年2月17日 490 98 20%
2019年2月18日 656 131 20%
2019年2月20日 276 55 20%
2019年2月21日 285 57 20%
2019年2月22日 228 45 20%
2019年2月22日 398 398 100%
2019年2月23日 138 27 20%
2019年2月23日 496 99 20%
2019年2月24日 200 200 100%
2019年3月2日 212 42 20%
2019年3月7日 1014 202 20%
2019年3月8日 120 24 20%
2019年3月11日 347 69 20%
2019年3月11日 456 91 20%
2019年3月12日 607 121 20%
2019年3月12日 238 47 20%
2019年3月13日 364 364 100%
2019年3月14日 656 131 20%
2019年3月18日 2030 406 20%
2019年3月21日 982 196 20%
2019年3月24日 1535 307 20%
2019年3月26日 2412 482 20%
2019年3月27日 5400 1000 19%
2019年3月28日 327 65 20%
2019年3月31日 517 103 20%
2019年3月31日 594 118 20%
2019年4月2日 377 75 20%
2019年4月3日 397 79 20%
2019年4月4日 397 79 20%
2019年4月5日 377 75 20%
2019年4月6日 239 47 20%
2019年4月7日 628 125 20%
2019年4月8日 377 377 100%
2019年4月9日 244 48 20%
2019年4月10日 239 239 100%
2019年4月11日 239 47 20%
2019年4月12日 267 53 20%
2019年4月12日 1182 236 20%
2019年4月14日 496 99 20%
2019年4月15日 268 53 20%
2019年4月16日 368 73 20%
2019年4月17日 305 61 20%
2019年4月18日 246 49 20%
2019年4月19日 320 64 20%
2019年4月21日 129 25 19%
2019年4月22日 368 73 20%
2019年4月23日 345 345 100%
2019年4月24日 346 69 20%
2019年4月25日 338 67 20%
2019年4月26日 336 336 100%
2019年4月26日 108 21 19%

 

決済回数 支払金額 受取金額 還元率 CB回数 CB率
合計 52 30,508 8,287 27% 8 15%

2回目のキャンペーンは、1度の支払いにおいける最大還元金額が1,000円に設定されたことで、キャンペーンが長かったため、決済回数は52回となっています。

 

最終的な支払い金額に対する還元率は27%となり、CB率は15%という結果になりました。

 

この結果から、決済回数を増やすに連れて、やはり還元率は20%に次第に近づいていくことが考えられます。

PayPay キャンペーン総合還元率の結果

1回目、2回目のキャンペーン結果を総合したデータと分析結果をまとめます。

決済回数 支払金額 受取金額 還元率 CB回数 CB率
合計 58 33,722 9,586 28% 9 16%

1回目のキャンペーンと2回目のキャンペーン、そして総合結果から、還元率は20%後半に落ち着き、CB率は15%を少し上回る値になることが分かりました。

 

このことから、全額キャッシュバックの恩恵は支払い金額に対して7%、8%であると考えられました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、PayPayのキャンペーン期間に受け取ったポイントの還元率について調査分析してきました。

 

満足なデータ量で調査分析することができず残念でしたが、「全額キャッシュバックの恩恵が支払い金額に対して8%程度である」という分析結果を得られて良かったと思います。

 

ここでは上に書いたような結果となりましたが、Yahoo!プレミアム会員になると、全額キャッシュバックの確率を高めることができますよ。

はてなブックマークもお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
お金 質素倹約
スポンサーリンク
やまとブログ